ビートファイターAce公式サイト

ダンスパフォーマンスユニット[ACE-えーす-]が作ったオリジナルのヒーロー“ビートファイターAce”のホームページです。

AMEDA会


登場人物紹介【AMEDA会側】

AMEDAマークAMEDA会(雷々研)

AMEDA会所属の科学者“Dr.ライデン”は、本部とは別に自前の研究施設を所有している。その名は“雷神系人造人間雷電式開発研究所”略して『雷々研(らいらいけん)』という。
元々は、県民の生活に役立つようなロボットを開発していたライデンだが、本部の方針が「戦闘用人造人間の研究開発優先」に変更されたため、それに従った形だ。なぜ彼が、疑いもなく本部の方針に従ったのかは不明。

ビートファイターAceの敵として初めて登場するビリー達は、ライデンによって雷々研で製造された戦闘用人造人間だ。ライデンは、身の回りにある生活雑貨を基にして、こうした人造人間を開発するスペシャリストなのである。



■意外と強い戦闘員ロボット【ビリー&ビリ子】

ビリ子ビリー
Dr.ライデンが、戦闘用として最初に作り上げたダイナミックアンドロイド。コンセントプラグの延長コードを基にしているため、量産性が高く、修理もしやすい。
戦闘能力は意外と高く、格闘戦の他に電磁攻撃や専用の武器攻撃も得意としている。
戦闘以外でも、探索や、家事手伝い、老人介護など様々な状況下で任務を実行できるように汎用性の高い能力を持っている。
弱点としては、●会話ができない ●戦闘能力が不安定 ●電池が切れると動けないなど、さすがに安価な作りだけのことはある。

始めライデンはオス型のビリーだけを何機か生産していたが、「身の回りの世話はやっぱり女の子にしてもらいたいじゃないですか!」というスケベジジイ根性によって、延長コードのメス部分を使った“ビリ子”を作ってしまった。だがこのビリ子が意外にも優秀だったため、最前線で活躍させているという。
ちなみに、ビリーとビリ子の頭パーツは、「子供の教育上好ましくない」という理由から、接続しにくい設計になっている…どうでもいいが…


■産廃処理もできる最強のお掃除ロボット【マジデ・クリーン】
マジデクリーン
Dr.ライデンが開発した、新型お掃除用アンドロイド。掃除用洗剤のスプレーやスポンジ、モップなどを基に製造された。全体のフォルムが肉食恐竜っぽいのは、完全にライデンの趣味らしい。
粗大ゴミや産業廃棄物なども強靭なアゴでバリバリと噛み砕き、パワフルに処理してしまう怪力の持ち主で、装甲が厚く防御力も高い。
最新型のお掃除AIを搭載し、なんでも本気でキレイにしてくれるため、「マジデ・クリーンが通った後はバイキン一つ残らない…」と業界内では恐れられているとかいないとか…

噛み砕いたゴミ等は体内で処理され、圧縮されたモノがお尻から排出される。その時、栓の役割をしているシッポは取り外さなければならず、非常に重量バランスが悪くなり、戦闘能力が著しく低下してしまうのだ。
つまり簡単に言うと、シッポを引っこ抜けば弱くなるという事だ。


■江戸時代から生き続ける改造人間【ドクター・ライデン】
ドクターライデン
AMEDA会創設メンバーの一人であり、人造人間開発研究家。
本名は不明だが、雨田家の人間らしい。
200歳を超える老人であり、江戸時代から少しずつ自分の体を改造しながら生き続けている。いや…もうそうなったら妖怪ですよね…。
身の回りの道具から人造人間を作り出す、独自の技術だか魔術を使って、ビリーなど戦闘能力を持つ危険なアンドロイドを製造し続けている。
本来の目的は不明だが、ビリーたちを使ってリッチーを探しているらしい。
Aceの正体がリッチーであることは今の所知らない模様。

自分がドンドン歳をとるから、ひがんでいるのだろうか?今どきの若者が大嫌いらしいのだが、子供は意外と受け入れる。
何かと「年寄りを敬いなさい!」などと説教をする。
やっぱりお爺ちゃんなので、自分から直接戦おうとはせず、自分が開発した人造人間達をけしかける事しかしない。
まだまだ謎の多いご老人。

秘密結社AMEDA会の調査資料 その1

調査員No.7979より、秘密組織であるAMEDA会の第一回調査報告。

  「A」・・・秋田 AKITA
  「M」・・・創造 make
  「E」・・・エネルギー energy
  「DA」・・躍動型人造人間 dynamic android
  「秋田が創造する、エネルギーとダイナミックアンドロイド」という意味。

AMEDA会解説1  AMEDA会は、平成元年に雨田建造氏によって創設された秘密研究機関であり、独自の“人造人間工学”を、秋田の労働力や介護支援に役立てようとしていた。

また、新エネルギー開発においても独自の研究をしており、その技術や知識は門外不出とされ、雨田家一族のみが研究を許されているようだ。そのためAMEDA会は世間一般には存在を認知されないように努め、県のみと極秘のプロジェクトを水面下で展開していたという。

 その実績は殆ど知られてはいないが、後継者不足に悩む“なまはげ”に、本物そっくりの人造人間を派遣して見事に祭りを成功させたり、“秋田杉型人造人間”を県に提供し、各種イベントで活躍させているとかいないとか……

【建造氏亡き後のAMEDA会】
 こうして県内の経済活動に貢献してきた組織だが、近年その事情が変わってきた。 創設者で会長の雨田建造の死去により、これまで唯一のスポンサーであった県が態度を一変し、一方的に援助を打ち切って人造人間開発の研究を禁止したのだ。
これに腹を立てた組織でナンバー2だった男“雨田申示(あめだ しんじ)”が“マスター・ゼウス(ギリシャ神話の雷神)”を名乗り組織を掌握。雷神の名を語るその男は、これまでの組織方針を一切変え、攻撃機能を有する人造人間の開発に着手し、海外に代替兵力として売り出す計画を企んだという!

 そして彼は、低価格で量産性に優れた戦闘能力を持つダイナミックアンドロイドの開発を各研究者に求めた。このような人造人間のことを“雷神系人造人間”と呼称し、以前開発してきた人造人間達との差別化を図った。
 こうした組織内の変化に反感を持つ会員も少なからず存在し、脱退して独自の活動を始める者も居たらしいが、そういう行動をとった者がその後行方不明になったり、ストーカー被害に遭うといった事件が発生しているという情報もある。

【誰かを探している研究者Dr.ライデン】AMEDA会解説2
 現在、AMEDA会の科学者の中で要注意人物を一人あげるならば、人造人間開発のスペシャリスト“Dr.ライデン”であろう。手元にある極秘資料によると、信じられないことだが、彼はなんと200歳を超える超老人であり、江戸時代の頃から自分の体を少しづつ改造しながら不老不死を手に入れたという。
彼も雨田家の人間ということになっているが、その容姿は半分白骨化しており、もはや妖怪である。これは私の考察だが、この男こそがAMEDA会の人造人間工学を築いたのではないだろうか?

 彼は自分の研究施設“雷神系人造人間雷電式開発研究所(通称:雷々研)”を持っており、昨年にはコンセントプラグを改造した、汎用型ダイナミックアンドロイド“ビリー”を完成させたらしい(右画像参照)。
常に最前線で活動することを旨とし、管理職を避けて来たことが分かっている。
 最近の彼の行動についてだが、どうやらビリー達に命じて、誰かを探しているらしい。
その人物が誰なのかは分からないが、秋田市内を中心に探しているところが確認されている。秋田市民なのであろうか? 詳細は不明だが、市民に被害が及ばぬことを祈る。


【脱会した研究員達は今…】
 雨田申示氏のやり方に反感を抱いて脱会した研究員たちのほとんどが行方不明となっており、痕跡も消されているため彼らの調査は現時点において続行不能と判断する。 
 次の調査依頼が届くまでには報告できるよう努める。以上

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ