ビートファイターAce公式サイト

ダンスパフォーマンスユニット[ACE-えーす-]が作ったオリジナルのヒーロー“ビートファイターAce”のホームページです。

えっこかぎさんによるACEのファンサイト!

【コラム】Aceは『正義の味方』じゃない?

8/26日追記&一部文章の修正をしました。

●「秋田を守るつもりは無い」と言うヒーロー、ビートファイターAce


今回は、最近ツイッターでAce自身がつぶやいた「秋田を守るなんて気はありませんよ……」という発言の意味を説明しようと思う。

何かのイベントでショーをさせてもらう場合、ビートファイターAceの事を『秋田の新ご当地ヒーロー…』と紹介されることがあるのだが、私は少々違和感を覚えてしまう。
なぜなら、Aceには、その『ご当地要素』がほとんど無いからだ!

確かに、広い意味ではご当地ヒーローに違いないのだが、秋田のご当地ヒーローは言わずと知れた『超神ネイガー』である。
「戦う秋田名物」という異名を持つほどに、秋田の名産物や特徴をデザインや設定に盛り込んでいる上に、「秋田を守る!」と公言しているのだから!
彼こそが秋田県のご当地ヒーローであり、秋田を守る使命を持ったヒーローと言える存在だと思っている。
ネイガーを差し置いて「秋田を守る!」とは言えないし、思ってもいないのである。
だからこそAceは、「そっちはネイガーに任せておきます」と言っている訳だ。

できればビートファイターAceの事は、「秋田の新ヒーロー」または「秋田の新しいローカルヒーロー」と呼称して頂けると嬉しい…です。 どうでも良いこだわりですけどね…

●『正義の味方』とは何なのか?

『正義』とは、「人の道にかなっていて正しい事」という意味である。
『正義の味方』というと、TVなどで活躍するスーパーヒーローたちの代名詞として現在広く知られた言葉だが、いつから使われ、本来どんな意味を持つのだろうか?

この言葉が最初に出てきたヒーローは“月光仮面”だそうな。
月光仮面は“薬師如来(やくしにょらい)”という仏の脇に座す“月光菩薩(がっこうぼさつ)”がモチーフだと言われている。
神仏そのものが『正義』ならば、『正義の味方』とはその「神仏を守る存在」ということになるだろう。
決して自分は正義ではない」という深いの意味が込められていたのだ!

『神仏』については様々な解釈があるだろうが、「社会の秩序、人の命や幸せ」と置き換えれば解りやすくなるかもしれない。
つまり、正義の味方とは、一般的な社会秩序や人間としての幸福を守る使命を持った存在という意味で捉えて間違いないと思う。
ということは、現実社会でそれを担うのは警察ということになるだろう。

フィクションの世界では警察の手に余る悪の存在から人々を守るためにヒーローが必要なわけだ。
ビートファイターの劇中では、友人の“にゃお”がビリー達にさらわれて、Aceが警察に電話するシーンがあるが、
「コンセントの怪人に女の子が誘拐された」という内容であるため、まったく相手にされなかった…

●ビートファイターAceは何を守るヒーロー?

Aceが今の所ヒーローとして守ろうとしているのは「自分の仲間達」だけである。
ビートファイターシステムの稼働実験を邪魔するDr.ライデンたちから研究員やシステムを守るだけの警備員の様なヒーローと言えるだろう。

もちろん、目の前で苦しんでいる人を他人だからって見過ごす非常な男ではないが、人間として弱い感情があるが故に、迷いや恐れで守りきれない事態は起こりうるはずだ。

「人間臭くて正義の味方になりきれないヒーロー」それが現在のビートファイターAceなのだ!
だが、この先ヒーローとして成長していったら、真の正義の味方に目覚めることがあるかもしれないし、無いかもしれない…

●他にも存在する「正義の味方ではないヒーロー」(8/26追記)

ここまで書くとAceの様な「正義の味方ではない」ヒーローは珍しいように聞こえるだろうが、
TVヒーローの中にも、実は意外と居ることを皆さんはご存知だろうか?

中でも分かり易いのは、平成仮面ライダーシリーズの『仮面ライダー龍騎』であろう。
このライダー達は、自分たちが持つそれぞれの願いを叶えるためにライダー同士で戦い合うという話だし、
『獣拳戦隊ゲキレンジャー』も、拳法の流派同士の因縁対決が主軸の物語だ。
『非公認戦隊アキバレンジャー』なんかは“公認戦隊”になるのが目的で「正義の味方風」に戦っていたし…

これらのヒーローは、話の中で結果的に人助けをする展開はあるが、始めから正義のために戦っている訳では無いのだ。
もちろん自分たちが守りたいものや行動に正義があると信じて戦っている者も居るだろうが…

Aceの物語は基本的に勧善懲悪ではない。敵には敵の目的があるし立場がある。AMEDA会も元々秋田を活性化させることが目的だったし、ライデンだって関係無い一般人は襲ったりしないのだから。

必殺技 ディスコ・ファイヤー

必殺ディスコ・ファイヤーs■スキルデータ■

【属性】: 火
【 CD 】:DISCO FIRE(ディスコ ファイヤー)
【形態】:旋風脚(せんぷうきゃく)
【威力】:15トン+炎2500度~4000度(瞬間)

【解説】
Aceが最初に覚えた火属性の必殺技。
瞬間的に高い熱エネルギーを持つ『空中回し蹴り(旋風脚)』を放つが、周囲に被害を及ぼすことはなく、狙った相手や物だけにダメージを与えることができる、なんとも都合の良い技…
前方に居る相手ならば、2~3人は一度になぎ払う事ができる。

この技は、DISCO FIREの曲が入ったコントロールディスクをベルト中央にあるSGD(スキル ジェネレータ ドライブ)にセットして再生させることで放つことができる。

コントロールディスクには、Aceが戦闘中に運動や精神念波によって蓄電された電気エネルギーの利用配分がプログラムされている。
『必殺技ディスコ・ファイヤー』は、そのエネルギーを右足に90%持ってくることで瞬間的に高温状態を作り出しているのである。

余談ではあるが、この技はレオン博士が角館の祭りである『火振りかまくら』からヒントを得たという話があるが、本人は否定している。

【コラム】Aceがマスクを取る訳

マスクOFF「なんでマスクを取るんですか?」

リッチーが最近よく観客から質問されるらしい。
リッチーの答えは

「変身ではなく、装着だからです。」
「人間だからです!」

後ろ髪がマスクからハミ出ていることを指摘されたこともあるという。
「子供の夢が壊れるのでは?」と意見されたこともある。

全てはヒーローというイメージを、大人の視点から見た疑問であり、意見であるのだが…

これはある意味、狙い通りだ! ニヤリ…
Aceが、今までの一般的ヒーロー像とは明らかに違うという印象を与えた証拠であり、確実に興味を持たせた結果だからだ。

これでこそ、“掟破りのヒーロー”なのである!


Aceはマスクを外す事ができる珍しいローカルヒーローだ。
設定上“リッチー”という人物が“ビートファイターAce”の正体であることを公表しているため、彼自身がヒーローであるということを隠す必要がないし、本当に彼がビートファイターである何よりの証拠として説得力を持たせることができる。

では、変身後にマスクを取るヒーローは他にいないのだろうか?

いや、TVヒーローでは、変身後の姿のままマスクを外すヒーローが今まで何人か確認できる。確かに珍しいのだが…
原作の仮面ライダーでは、元々マスクオフするのが普通だったし、戦隊ヒーローも“炎神戦隊ゴーオンジャー”はマスクを取る場面が多い。最近では“特命戦隊ゴーバスターズ”が最も良い例である。

さて、『マスクを外す』という演出、これにはどんな効果があるのだろうか?
それは、ドラマの中で、ヒーローに表情を持たせるという効果が最も大きいだろう。
喜んでるのか悲しんでるのか、マスクをしたままでは伝わりにくいからだ。
だからこそ、マスクを外せない仕様のTVヒーロー番組では、表情を見せたい時には変身を解いたり、背景に素顔の表情を映し出したりといった方法を使うのである。

ローカルヒーロー・ご当地ヒーローの場合は…マスクオフするヒーローはまだ見たことがない。(知らないだけかもしれないが…)
野外でのステージ・ショーが中心のご当地ヒーローにとって表情はあまり重要性が無いし、中の役者を替えることができないというデメリットは大きい。

では、Aceはなぜマスクを外すのだろうか?
それは、ビートファイターAceのロングショーを観ていただければ何となく理解してもらえると思うが、ただ強い超人的なヒーローが現れて、民衆をいじめる悪い怪人をやっつけて終わる話ではないからだ。
一人の人間が、弱い自分の心を乗り越えて、大切な仲間を守るために戦い、本物のヒーローに成長していくというドラマだからだ。

始めから最後までマスクを付けたままのヒーローでは、このドラマを表現することは難しい。
だからリッチーが答えた「人間だからです」という言葉に集約されるわけだ。

Aceの被るマスクは、
人間であることを隠すためのマスクではない。
“ヒーローだって自分たちと同じ、心のある人間なんだ”ということを示すためのマスクなのである。

“子供の夢を壊すマスクオフ”ではない。
それを見た子供たちに親近感を与え、
もしかしたら、人間である自分でもヒーローになれるかもしれないという
”子供に夢を与えるマスクオフ”を目指す行為なのである!

な~んて、実に偉そうな理由を書いてしまったが、
それ以外にも、公演中にマスク内に溜まった熱気を放散させて役者のスタミナ切れを抑える効果も狙っているし、後半のダンスショーの時は基本的にマスクオフでやらないと大変だし、人間のダンサーとして表情を見せたいからという理由もある!

そう! これは本当に合理的で必要不可欠なマスクオフ演出なんですよ!
(これ、子供たちには内緒ですよ…)

登場人物紹介【AMEDA会側】

AMEDAマークAMEDA会(雷々研)

AMEDA会所属の科学者“Dr.ライデン”は、本部とは別に自前の研究施設を所有している。その名は“雷神系人造人間雷電式開発研究所”略して『雷々研(らいらいけん)』という。
元々は、県民の生活に役立つようなロボットを開発していたライデンだが、本部の方針が「戦闘用人造人間の研究開発優先」に変更されたため、それに従った形だ。なぜ彼が、疑いもなく本部の方針に従ったのかは不明。

ビートファイターAceの敵として初めて登場するビリー達は、ライデンによって雷々研で製造された戦闘用人造人間だ。ライデンは、身の回りにある生活雑貨を基にして、こうした人造人間を開発するスペシャリストなのである。



■意外と強い戦闘員ロボット【ビリー&ビリ子】

ビリ子ビリー
Dr.ライデンが、戦闘用として最初に作り上げたダイナミックアンドロイド。コンセントプラグの延長コードを基にしているため、量産性が高く、修理もしやすい。
戦闘能力は意外と高く、格闘戦の他に電磁攻撃や専用の武器攻撃も得意としている。
戦闘以外でも、探索や、家事手伝い、老人介護など様々な状況下で任務を実行できるように汎用性の高い能力を持っている。
弱点としては、●会話ができない ●戦闘能力が不安定 ●電池が切れると動けないなど、さすがに安価な作りだけのことはある。

始めライデンはオス型のビリーだけを何機か生産していたが、「身の回りの世話はやっぱり女の子にしてもらいたいじゃないですか!」というスケベジジイ根性によって、延長コードのメス部分を使った“ビリ子”を作ってしまった。だがこのビリ子が意外にも優秀だったため、最前線で活躍させているという。
ちなみに、ビリーとビリ子の頭パーツは、「子供の教育上好ましくない」という理由から、接続しにくい設計になっている…どうでもいいが…


■産廃処理もできる最強のお掃除ロボット【マジデ・クリーン】
マジデクリーン
Dr.ライデンが開発した、新型お掃除用アンドロイド。掃除用洗剤のスプレーやスポンジ、モップなどを基に製造された。全体のフォルムが肉食恐竜っぽいのは、完全にライデンの趣味らしい。
粗大ゴミや産業廃棄物なども強靭なアゴでバリバリと噛み砕き、パワフルに処理してしまう怪力の持ち主で、装甲が厚く防御力も高い。
最新型のお掃除AIを搭載し、なんでも本気でキレイにしてくれるため、「マジデ・クリーンが通った後はバイキン一つ残らない…」と業界内では恐れられているとかいないとか…

噛み砕いたゴミ等は体内で処理され、圧縮されたモノがお尻から排出される。その時、栓の役割をしているシッポは取り外さなければならず、非常に重量バランスが悪くなり、戦闘能力が著しく低下してしまうのだ。
つまり簡単に言うと、シッポを引っこ抜けば弱くなるという事だ。


■江戸時代から生き続ける改造人間【ドクター・ライデン】
ドクターライデン
AMEDA会創設メンバーの一人であり、人造人間開発研究家。
本名は不明だが、雨田家の人間らしい。
200歳を超える老人であり、江戸時代から少しずつ自分の体を改造しながら生き続けている。いや…もうそうなったら妖怪ですよね…。
身の回りの道具から人造人間を作り出す、独自の技術だか魔術を使って、ビリーなど戦闘能力を持つ危険なアンドロイドを製造し続けている。
本来の目的は不明だが、ビリーたちを使ってリッチーを探しているらしい。
Aceの正体がリッチーであることは今の所知らない模様。

自分がドンドン歳をとるから、ひがんでいるのだろうか?今どきの若者が大嫌いらしいのだが、子供は意外と受け入れる。
何かと「年寄りを敬いなさい!」などと説教をする。
やっぱりお爺ちゃんなので、自分から直接戦おうとはせず、自分が開発した人造人間達をけしかける事しかしない。
まだまだ謎の多いご老人。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ